ホーム > エムラクリーム(EmlaCream)で麻酔して脱毛

トリアは効くだけに・・・痛い。

レーザー脱毛器のトリア(Tria) は、
おそらく家庭用の脱毛器としてはピカイチの性能だと思うんですが、

その痛みに耐えられずに、
上手く活用し切れていない人も多いようです。

トリアの出力は、5~20(J)。

20ジュールといえばエステ並かそれ以上、
医療レーザーにこそ劣りますが、家庭用としては限界の出力でしょう。

だからこそ、ちゃんと使えば、
気になるムダ毛はほとんどノックアウトできるわけですが、

使いこなすためにも 「 痛み 」 をどう緩和するか?
というのがポイントになります。

塗るタイプの麻酔クリームを使って脱毛する

脱毛器のメカニズム のところでも説明しましたが、レーザー脱毛器の原理上、

毛根に熱をあたえますから、どうしても熱さや痛みというのは発生します。

ですから基本的にはアイスノンなどの冷却剤をつかって、冷やしては打ち、また冷やしては打つ。

これの繰り返しになりますが、
レベル5の20ジュールとかになると、これでも痛いわけですね。

「 で、どうしたらいいの? 」
ということになるわけですが、

トリア(Tria)を使っている方は、
麻酔クリームを併用している場合も多いです。

いちばん有名なのは、EmlaCream(エムラクリーム)とかですね。

エムラクリーム(EmlaCream)の使用方法

皮膚表面麻酔剤というもので、
患部に塗るだけで麻酔効果があるクリームです。

エムラクリームの使用方法は、
基本的には 「 脱毛したい部分を清潔にして薬を塗る 」 だけです。

細かなポイントとしては、 もし毛の量が多いのであれば、いったん剃ってから塗った方がいいですね。

あと薬をつけたら、それを塗りこまないこと。
難しいですが、「 なるべく厚く塗る 」 ように心がけます。

麻酔の効果が出てくるのはエムラクリームを塗ってから、
だいたい1時間くらいしてからです。

ですから麻酔が効いてくるまでは、
薬を塗った部分を 「 テガダーム 」 などで覆っておくといいです。

まあ普通はテガダームなんて家庭にはないと思いますので、
無いときはサランラップでも代用できないことはないです。

その場合はラップの端をセロテープなどで止めて、薬が漏れないようにして下さい。

1時間から1時間半くらいたったら、
エムラクリーム(EmlaCream)を拭き取って脱毛開始。

エムラの効果は1~2時間くらい持続しますから、
そのあいだにバシバシ脱毛しましょう。

完全に痛みがなくなる訳ではないですけど、だいぶ楽になりますよ。

エムラクリームの買い方

最後にエムラクリームの購入方法についてなんですが、残念ながら国内通販では薬事法などの規制によって買うことが出来ません。

ですので海外の業者から、
「 個人輸入代行 」 という形で入手することになります。

麻酔クリームの個人輸入代行サービス

エムラクリーム(EmlaCream)5% 30g
エムラクリーム 皮膚表面麻酔剤。
お得な30gパッケージです。
成分:
リドカイン 25mg
プロカイン 25mg
エムラクリームの詳細はこちら>>
キシロカインジェル 2% 30g
キシロカインジェル リドカインは作用が強く、
持続時間が長いのが特徴です。
成分:
リドカイン 2%
キシロカインジェルの詳細はこちら>>